風俗,経営,常連,派遣,デリヘル,運営資金,女の子,顧客

デリヘル経営は儲かるのか

デリヘルの広告宣伝戦略

デリヘル業の命とも言えるのがこの広告宣伝戦略である。貴方がもし、SEOのプロであるなら、大きな苦労なくして、集客の幅が広がり店も繁盛する事間違いなし、とそこまでは言えないが 広告宣伝は本当に重要な役割をになっている事を学習するべきである。

例えば一般のデリヘルが月にどのくらいの広告費用をかけているのか貴方はご存知だろうか?
1店舗でも100万はかけている店が多いだろう。
100万も何にかけるの!?と疑問に思うかもしれないが現在売れているデリヘルは、インターネットのSEO対策やホームページの制作、リニューアルなどに多額の広告費用をかけている。 この業界、デリヘル ○○(地名)で検索した際にTOPにあがってくるだけで
売り上げが本当に変わってくる。

デリヘルならではの戦略

またある店では、わざわざ広告費用を3倍の300万円かけて3つの店があるように見せかけてSEOの対策などをしている。
なぜそんな事をするのか?貴方はわかるだろうか?
この店では、3つのホームページを用意し、その3つが違うキーワードによって検索上位にあがってくるようにできている。

例えばデリヘルをはじめとする風俗業界というのは、トレンドが非常に流動的である。なので、女子高生の制服がブームになっても、それが次の夏にはいきなりメイド服のブームにとって代わられることが多い。こういうときに、3つの顔が効果的なのである、女子高生専門のお店の売上が下さがっていても、メイドのお店が売り上げをあげて凌ぐのである。これが例えば女子高生の店だけしかなかったら、すぐに店は潰れてしまうだろう。 この考え方は風俗業界だけの話ではない どの会社も1年を通して、しっかりと売り上げがあがるように計算している。デリヘルも同じだという話だ。

そしてデリヘルは一般企業よりも、ネットの集客に全てがかかっている デリヘルのCMを流す事ができるはずもない 広告だってうるさく言われるし、チラシを受け取る人も受け取りにくい そこでインターネットでの集客なのである。 今日様々なネット上の広告戦略がある、ブログやツイッターなど SNSを利用した広告も馬鹿にはできない世界なのだ。 貴方にその考えが理解できるようであれば、今すぐネットでの集客方法を考えるべきである。

このページの先頭へ